ホーム > タグ > 研究会

研究会

第3回大会 全国高等学校情報教育研究会(1)

石川県金沢市の金沢工業大学で行われた第3回全国高等学校情報教育研究会に参加してきた。

東京都市大学で行われた第1回、筑波学院大学で行われた第2回大会に続いての参加である。

第3回全国高等学校情報教育研究会

http://www.zenkojoken.jp/?page_id=83

第3回で関東を離れ石川県に。また開催日程も移動などを考慮したためか、1日目の午後から2日目のお昼までという日程となった。

私はANAの航空券+宿泊のパッケージを利用して、当日の朝にのんびりと移動。

のつもりだったのだが、小松空港から会場へのアクセスをあまり考えずに飛行機を取ったので、空港についてからがギリギリ続きの行動になってしまった。

小松空港から金沢駅への特急バスに乗り、降りた時点で大会の貸切バス出発5分前であった。ギリギリで乗り込み、同じ県の教員や面識のある方と一緒になりホッとした。

バスに乗ってから羽田空港で買っておいた昼食を食べたのだった。空港ではカツサンドを買ってしまうことが多い。

会場である金沢工業大学に着き、受付を済ませて開会式が行われる大講義室へ。

ここでTwitter実況をしたり、感想を記録したりしようと、前日(泥縄です)に購入したノートPCを取り出し、ぶっつけ本番でWiMAXでのネット接続を試みる。

文部科学省・永井視学官の基調講演が始まってもまだ接続に成功しない。

結局はWiMAXの設定ツールの使い方が間違っていることに気づき、講演の始めの方で接続に成功。

Twitterでtsudaるまねごとをしながら、手持ちの資料とスライドが違う部分や永井視学官の言葉をPCにメモる。

講演メモ

最初の方に、三段跳びになぞらえてホップ、ステップ、ジャンプのうち

  • 現行課程をホップ
  • 新課程をステップではなくジャンプ

と飛躍させたい考えがあった。しかし未履修問題などから共通教科「情報」を必履修にとどめることにパワーを取られたこともあり、

  • 現行課程(ホップ)
  • 新課程(ステップ)
  • 次の新課程(ジャンプ)

と発展させていく考えに改めたとのこと。

何度も強調されていたのは

  • 指先のスキルが情報活用能力ではない
  • 情報活用能力は読み・書き・計算に並ぶ4番目の基礎力

というメッセージだった。

また学習指導要領に関する論点として、

  • 「社会と情報」「情報の科学」→「両科目を開設して生徒が主体的に選択できるようにすることが望まれる」
  • 「各科目は、原則として、同一年次で履修させること」

に込められた思いを述べられていました。

前者では「望まれる」ということで、結果的に学校が一つの科目に定めてしまっても問題ないが、生徒のことを考え、生徒が必要であると思う科目を履修できる教育課程も模索してほしいとの思いがある。

後者では「原則としてなので分割履修も仕方がないが、時間割の1コマの数合わせに情報を使わせるな」というメッセージが込められていること、などが述べられていた。

いつもながらの情報教育への熱い思いが詰まった講演内容でした。

研修会後の懇親会

当日参加が可能ということで、品川シーサイド駅付近で行われた研修会後の懇親会にも参加させて頂きました。

人見知りする方なので(そんなヤツは懇親会に参加しない?)、初めてお会いする人たちとどう会話しようかと少々不安な気持ちで参加したのですが、さまざまな方に話しかけていただいて非常に楽しく刺激的な懇親会となりました。

会場校の設営などを頑張ってくださった田中さん@ネットで教科「情報」日記( http://htanaka.exblog.jp/

向かい側の席からいろいろ気を使って声をかけていただいた小原さん@情報科作業日誌(http://blog.goo.ne.jp/machida-ohara/

情報科の現状を憂う真摯な語りが印象に残った清水さん@情報科雑感2( http://joho-ns.sblo.jp/

研修会の企画をされたという福原さん@情報科メモ帳( http://jyohoka.exblog.jp/

Webのログとうちの大学の話題が繋がった佐藤さん@情報科blog( http://blog.goo.ne.jp/yoshi-sato_2004/

オープンソースの話をもっとしてみたい能城さん@のしろの徒然日記( http://noshiro.shigeo.jp/d/

加えて参加されていた皆様、本当にありがとうございました。

1人教科である情報科としての悩み、組織・ネットワーク作りの悩み、情報システム管理者としての悩み、いろいろ聞けて刺激になりました。

私はまだ自分の足元もおぼつかない駆け出しの情報科教員ですが、一歩ずつ前進して、また情報科を良くするために何の貢献ができるか考えよう、と思える一夜でした。

マインドマップ研修会に参加

1月6日に行われた東京都の情報科教員の研究会、都高情研のマインドマップ研修会に参加してきました。私は他県の人間ですが会員ではなくても参加可能とのことで参加させていただきました。

講師はブザン教育協会理事である内山雅人氏。都立高校など17年の教職生活や教育アドバイザーなどを経て現在ブザン・ワールドワイド・ジャパン取締役をされている方です。インストラクターの養成にあたるシニア・インストラクターの立場であり、また各教育機関や教員研修会などにも呼ばれ、忙しい毎日を過ごしていらっしゃるようです。

研修は朝から夕方まで6時間以上にわたる充実したものでした。

まずアイスブレーキングの自己紹介から入り、マインドマップの根底の考え方である脳とノートの講義などからスタートしました。

・マインドマップの利点

・脳の働き、認識に関する内容

・マインドマップの活用事例(プロ競艇選手やプロ野球のコーチなど)

などの講義と実際に受講者がマインドマップを書く実習との組み合わせでした。

実習の題材となったものは

・「ゼムクリップの使い方」をとにかくたくさん挙げる

・マインドマップの思考法に基づいてクリップについて整理する

・演習「割り箸」「空き缶」「輪ゴム」のどれかの利用法についてマインドマップを使いできるだけたくさん挙げる

・自己紹介のマインドマップを作る

・アインシュタインのプロフィールに関するA4一枚の文章をマインドマップ化し、記憶する

などでした。

クリップの使い方をたくさん挙げるという課題に最初に取り組んだ時、短い時間では多くの人が箇条書きで書いてしまい、「◯◯を作る」という一つの案を出した後で改行が入ると「作る」を離れて別の案を考えようとしてあまり数が出ないというケースが多かったようです。

マインドマップでは(というか思考法を整理すると)

・溶かす

・繋げる

・曲げる

など大きな分類を決めてから、それぞれの細部を決定していくとたくさんアイディアを出すことができました。これはマインドマップに限るものではなく思考のフレームワークといったものでしょうか。

研修を終えてから、購入していたがあまり読んでいなかった『トニー・ブザン天才養成講座1 マインドマップ超入門』トニー・ブザン著 近田美季子監訳(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を読んで復習してみました。

マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座) (トニー・ブザン天才養成講座 1)
マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座) (トニー・ブザン天才養成講座 1) 近田 美季子

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-12-20

売り上げランキング : 2671

おすすめ平均 star

starわかりやすいです

starターゲットを描き方に絞った本。だが高い。

starマインドマップとはどんなものなのかを知るには最適

Amazonで詳しく見る by G-Tools

この本を読んで復習し、ぜひいろいろなマインドマップを作成してみたいと思いました。

第2回 全国高等学校情報教育研究会 at 筑波学院大学

筑波学院大学で行われた第2回全国高等学校情報教育研究会に参加してきました。

自宅の最寄り駅からつくばエクスプレスまで出てつくば駅へ。つくばエクスプレスは本当に「エクスプレス」という感じですね。線路が直線的で快速だとかなりスピードが出ています。

駅前から会場の筑波学院大学まで学生さんが誘導の看板を持って立っていました。お疲れ様です。駅近くに国産ロケットを展示してある公園があり、科学の都市という印象が強まりました。

私が小学生の時に「つくば科学万博」があり、とても行きたかったけど雑誌の記事で我慢していた記憶があります。(20世紀少年みたいですね)

会場について受付を済ませ(閉会後の懇親会までフル参加でした)、10時からの開会行事を待ちました。

開会式のあと、文部科学省初等中等教育局視学官 永井克昇先生の基調講演でした。

永井先生の講演はいつもエネルギッシュで、この春に改訂された新学習指導要領の情報科を中心としたお話でした。

特筆すべき点として、PCを利用した要約筆記で講演内容をプロジェクタに映し出していた点がありました。私は手話を学んだ経験があるので、全国ろうあ者大会などで講演の要約筆記は見たことがありましたが、障害者・健常者含めて情報の伝達のため、内容の理解のための要約筆記は新しいアイディアだと思いました。要約筆記や同時通訳ではどうしても誤って変換・翻訳してしまうことがあるのですが、今回は教育用語や教科「情報」の用語などが大変そうでした。

学食は非常に混雑していたのでパンなどで昼食を済ませ、午後からの分科会に参加。

分科会では以下のセッションを聞きました。

1-1 「専門学科「情報科」と専門教科「情報」」 滑川敬章(千葉県立柏の葉高等学校)・須田雅紀(千葉県立柏の葉高等学校)
柏の葉高等学校の滑川先生が千葉県内での初めての情報専門学科「情報理数科」の取り組みを紹介するプレゼン。柏の葉高校に関するプレゼンは今までに何度か聞いたことがありましたが、応援する意味で今回も聞かせていただきました。手探りで今までいろいろな取り組みを頑張っている印象です。

1-2 「柏の葉高等学校「情報理数科」生徒発表」 滑川敬章(千葉県立柏の葉高等学校)・須田雅紀(千葉県立柏の葉高等学校)

柏の葉高校の情報理数科の生徒が、これまでに学んできたことを振り返り生徒の視点で専門学科で情報を学ぶことについて発表する内容でした。情報理数科の一期生ということで様々な場所でプレゼンしたのだと思いますが、30分のプレゼンを持たせる技術というのはかなりのものだと思いました。
3-3 「平成25年度に向けて高校情報教育の検討 〜コンピュータ教育から情報デザインへ〜」 磯崎喜則(私立日本学園中学校・高等学校)
この分科会会場では連続して情報デザイン関連の発表が行われました。そのため途中からこの会場に移ってきた人間には「スパゲッティカンチレバー」など、その場ではわからない単語もありました。
情報デザインというよりマンダラートや635法(これは初めて知りました)などを使った情報整理・発想法を中心トピックとした発表だったと思います。
発表の話すスピード、スライドを進めるテンポ(ワイヤレスマウスを使っていたと思います)などとても聞きやすいプレゼンでした。
5-4 「新学習指導要領における情報教育〜中学校との接続〜」 鹿野利春(石川県立金沢二水高等学校)
情報と中学の技術の新旧学習指導要領を読み込んで、そこから浮かび上がってくるものに注目するといった内容でした。新学習指導要領が施行された場合、中学は段階ではなく一斉施行なのですぐにでも新学習指導要領で学んだ中学生が高校に上がってきてその準備をすぐにでも始めなければいけないと思いました。
自分の場合はまずは現行学習指導要領下での指導力向上が目下の課題ですが。
ポスターセッションや企業展示を見ると土産で荷物が重くなってしまいます。
今度からは郵便局のエクスパック500を持って行こうと思います。
閉会行事の後、駅前の西武に移動してドイツレストランで懇親会でした。
東京農工大学の辰己先生と少しお話することが出来ました。
あとは自分の県の先輩方にだんだん面識が出てきたことを実感しました。
埼玉県の情報科教員で同期採用の方と少しだけ会話させていただいたのですが申し訳ないことにご所属など失念してしまいました。
そのうち発表などでもっと他とのつながりを増やしたいと思います。
今年も大きな収穫のあった研究会でした。

第3回「情報教育研究フォーラム」at 東京情報大学

http://www.tuis.ac.jp/info/1453.html

千葉市にある東京情報大学で行われた「情報教育研究フォーラム」に昨年に引き続き参加した。

午前は東京情報大学の教員らによるスピーチに始まって以下の内容だった。

  • 「プログラミングは楽しい−プログラミングから学んだこと−」千葉県立柏の葉高等学校情報理数科3年生(生徒発表)
  • 「テレビ会議システムを用いた高大連携授業から」東京農業大学第一高等学校 教諭?川崎 剛
  • 「科学的な理解を深める授業の工夫?−音のディジタル化とその実習−」東京情報大学  准教授 西村 明
  • 「情報の科学的な理解、情報の科学、情報科学?−何が大切な概念か−」聖心女子大学

    教授 永野和男

特に招待講演の永野先生の発表では、いろいろ興味深いエピソードを聞くことが出来た。

  • 現行学習指導要領にある「情報の科学的な理解」は、将来「情報の科学」という項目へのステップアップするための布石であったこと
  • 教育や学習に生かすICTを考える場合、教育や学習について深く考えること、新しい技術は何に役立ちそうかと考えることが重要
  • 人が一生に読む情報量はGByteオーダー、一生に見る情報量はTByteのオーダー。これらの単位が普通となった今は情報を整理して引き出す能力が重要
  • 情報教育の2本の柱:「他教科においての情報」→わかりやすい形として下の学年に下ろしていく、「教科内容を軸とした情報」→専門としての情報科学をベースに態度、活用能力
  • 大学入試などで情報Aが情報Bと情報Cの足を引っ張ってきた。それが解消された新学習指導要領からが新たな情報のスタート

などである。

午後は二つの分科会に別れて

A班 授業プランを考える

  • 「情報通信ネットワークの仕組み」−プロトコルをのぞいてみよう− 井関文一(東京情報大学教授)
  • 「問題の解決と処理手順の自動化」−ゲーム作成によるプログラミング教育モデル− 大城正典(東京情報大学准教授)
  • 司会進行:滑川敬章(柏の葉高校教諭)

B班 教材を作成する

  • 「シミュレーション(問題解決)教材作成」−Adobe イラストレータCS4,FlashCS4を使用し,ActionScriptを活用した教材作成− 安岡広志(東京情報大学講師)

という内容。

私はA班に参加した。

前半は、プロトコルを覗くためのゲートウェイのソフトウェアを開発し、それを使ってもらうことで様々なプロトコルの実際の通信を可視化しようというこころみであった。

しかし、後半の急に付け加えた実習が多くの参加者で消化不良のまま終わってしまっていた感じがあった。

高校の情報の教科書でプロトコルにどの程度の説明があるか、などとの情報とリンクした発表だとより実践的なものになったと思う。

また後半の「ゲーム作成によるプログラミング教育モデル」では、私も情報Bのアルゴリズムの単元で悩みがちな、どの程度生徒にコードを与えて、どの程度考えさせるか、あるいはどのようなコードの提示の仕方をするかという点でかなり参考になった点がある。

しかし同じような資料をすぐに作るのは難しそうである。

コーヒーブレイク、閉会式を経て、情報交換会が行われたのだが、妻との都合があり、早々に帰宅しなければならなかったのが残念であった。

Home > Tags > 研究会

Feed
Tag Cloud

Return to page top